顧客管理 データベース Fullfree(フルフリー)

DBの配布(DBをコピー)

概要

データベースを一つのファイルに梱包します。梱包ファイルにすることで下記のことが出来るようになります。

  • メール添付や、USBメモリーで持ち運び
  • データベースの作成委託
  • 本部から各店舗にデータベースの配布
  • データの簡易バックアップ・・・編集を一つ前に戻す(アンドゥ相当)や変更の追跡など、本格バックアップなら「バックアップ機能」

データを空にしてテーブル定義だけ行ったテンプレートのようなデータベースの梱包ファイルを作ることも出来ます。本部から各店舗に配布するような場合に活用できます。

また、データベースを簡単にメール添付出来るので、データベースの作成委託が行いやすくなります。現在、弊社では作成委託のサービスは提供しておりませんので、例えば「クラウドワークス」のようなクラウドソーシングのサービスをご利用ください。

尚、同一のデータベースを別のパソコンで編集する場合、データベースを渡す側か受け取る側か少なくともどちらか一方は Fullfree PRO である必要があります。編集はせず、閲覧だけならどちらも Fullfree で構いません。

梱包(DB → 梱包ファイル)

データベースを一つのファイルに梱包します。梱包したいデータベースを開いてから [ファイル]-[DBの配布]-[梱包] メニューを選択してください。

DBの梱包

尚、デモデータは梱包できません。また、共有DBを梱包するには Fullfree PRO が必要です。共有DBの場合は、同じ共有スペースに参加すると Fullfree からでも同じDBにアクセス出来ます。

梱包内容

梱包ファイルに含めないもののチェックをオフにして下さい。例えば、テーブル定義のみでレコードは含めない場合は、「テーブル」の項目を展開して、その下の「レコード」をオフにして下さい。尚、( ) 内の数字はデータの数(レコードの数など)です。

他PCでの編集を許可

データベースをパソコンに保存する場合(データ共有機能を使わない場合)、データベースを作成したPCとデータベースが紐づきます。そして、データベースを作成したPC以外では閲覧のみ可能となります。(Fullfree の場合)

Fullfree PRO だと編集も出来ますが、このチェックをオンにすると、別のPCの Fullfree でも編集が出来るようになります。尚、このチェックは Fullfree PRO でのみオンに出来ます。

梱包先

梱包ファイルのパスを指定して下さい。

上記の設定後、[OK] ボタンで梱包を実行します。

開梱(梱包ファイル → DB)

[ファイル]-[DBの配布]-[開梱] メニューを選択して、DBに開梱する梱包ファイルを指定して下さい。エクスプローラーから梱包ファイルをダブルクリックしても構いません。

DB梱包ファイルの選択

データベースの内容が表示されます。

DBの開梱

DBの概要

梱包されたデータベースの概要を表示します。

  • データベス名:梱包時のデータベース名
  • 必要バージョン:開梱するのに必要な Fullfree のバージョン
  • Fullfree PRO の必要性:開梱するのに Fullfree PRO が必要かどうか(不要の場合は Fullfree で開梱可)
  • PCとの関連づけ:PCとの関連づけがあると、梱包したPC以外では、Fullfree の場合、閲覧のみ可となる(Fullfree PRO なら編集も可)
  • テーブル数:データベースに含まれるテーブル数
  • レコード総数:データベースに含まれるレコード数の合計
  • 最大フィールド数:各テーブルの各階層において、フィールド数の最大値
  • 出力テンプレート数出力機能で利用するテンプレート数
DBのパス

データベースを作成するパスを指定して下さい。

復元したDBを開く

オンにすると作成したデータベースを開きます。

DBのパスを指定して [OK] ボタンをクリックすると、開梱され、データベースが作成されます。

PAGETOP
Copyright © FreeStyle All Rights Reserved.