顧客管理 データベース Fullfree(フルフリー)

カスタマイズ方法一覧

Fullfree での各種カスタマイズの方法を見やすく一覧にしました。詳細の説明は各リンク先をご覧下さい。

フィールドの追加・編集

フィールドを追加・編集するには、テーブル一覧のテーブル名を右クリックし、メニューから「テーブル定義」を選択して下さい。または、フィールドの最後の追加ボタンをクリックして下さい。

テーブル定義を開く

内容はテーブル定義にて設定して下さい。階層の設定もテーブル定義で行えます。

テーブルの追加

テーブル一覧の追加ボタンからテーブルを追加出来ます。

テーブルの追加

テーブル名を決めたら、後はテーブル定義にて内容を設定して下さい。

他テーブルのフィールド参照

他テーブルのフィールドを参照するには、まずテーブルリンク型か自動リンク型のフィールドでリンクする必要があります。その上で、計算/参照型フィールドで参照して下さい。

計算/参照型フィールドを使った方法は「値の参照」になります。(参照とコピーの違いはこちら

例:顧客名簿デモの着信履歴テーブル

他テーブルのフィールド参照

詳細はリンクの基本と応用「リンクでつなげて計算式で参照」をご覧下さい。

連番や他テーブルを参照した自動入力

自動入力の設定でオートナンバー(連番)や計算式を使った自動入力が出来ます。自動入力された値は手で変更も出来ます。

自動入力を使った方法は「値のコピー」になります。(参照とコピーの違いはこちら

例:注文管理デモの注文テーブル

自動入力

カードのカスタマイズ

タブの配置

マウスドラッグでタブの配置を変更出来ます。

ドラッグでタブの配置

項目の順序

項目の順序はテーブル定義でのフィールドの順序です。フィールドの順序を変更するにはフィールドの並び替えをご覧下さい。

フィールドの順序

関連テーブルの追加 (顧客毎に注文の管理など)

対象のカードに関連テーブルを追加するには、関連テーブルとなる方にリンクのフィールドを追加して下さい。リンクのフィールドは関連テーブル側に追加するのがポイントです。詳細は階層とリンクをご覧下さい。

リンクフィールドは関連テーブル側に追加

例えば顧客テーブルの関連テーブルとして注文テーブルを追加したい場合、注文テーブル側にテーブルリンクか自動リンクのフィールドを追加して、顧客テーブルとリンクして下さい。

関連テーブルの集計 (顧客毎の売上合計など)

関連テーブルの集計や計算は、計算/参照型のフィールドを追加して行います。計算内容は計算式で指定して下さい。

例:案件管理デモの顧客カード

関連テーブルの集計

値リストの編集 (「分類」や「血液型」など)

「分類」や「血液型」などのドロップダウンリストは、[管理]-[値リスト] メニューの値リスト管理で編集出来ます。

値リスト

帳票作成 (請求書や納品書など)、ラベル作成 (宛名ラベルなど)

請求書、納品書など、帳票はエクセルでテンプレート作成し、Fullfree に登録して下さい。宛名ラベルなど、ラベルは Fullfree で作成して下さい。出力アイコンアイコンからテンプレートの登録やラベルの印刷などが出来ます。

出力画面

集計項目

集計項目を追加するには、集計したいフィールドのフィールド操作メニューから [集計] を選択して下さい。集計の詳細は、集計(合計/平均/など)をご覧下さい。

集計

グループ分け (Excel だとシート分け)

店舗毎や都道府県毎、または年ごとなど、レコードをグループ分けするにはお気に入り画面保存の機能を使って、検索条件を切り替えて下さい。

例:「複数の店舗(拠点)で利用」をオンにした顧客名簿デモ

店舗でグループ分け

ポイント

テーブル定義が同じレコードは複数のテーブルに分けるべきではありません。複数のテーブルに分割するとリンクが正しく出来なくなるためです。また、意味的に同じテーブルを一つで扱うことで、Excelでのシート分けより保守性が良くなります。具体的にはフィールドの追加は1回の変更で済みます。また、出力テンプレートの管理も1つだけで済みます。

CTIポップアップ

どのテーブルのどのフィールドを電話番号検索に使うか(複数指定可)、また、どのフィールドをポップアップに表示するかをCTIポップアップ設定で指定出来ます。

CTIポップアップ

「カスタマイズを代行して欲しい」という場合

カスタマイズを代行して欲しい場合は、作業代行依頼をご覧下さい。

PAGETOP
Copyright © FreeStyle All Rights Reserved.