MENU

エクセルデータベースとの違い

表計算ならエクセル、データベースなら Fullfree

Excel をデータベースとして使うより、データベースなら Fullfree を使ってみませんか? Fullfree は無料のデータベースソフトです。(フリーソフト)

エクセルデータベースより Fullfree

「エクセルデータベース」との違いについて説明します。

見やすいカード型表示

表のデータをカード型でも表示出来ます。横に長い表が見やすくなります。

横に長い表をカード型表示

表以外も扱える

階層データ

単純な表だけでなく、階層データも扱えます。

階層データ

複数値

一つのセルに複数の値を保存出来ます。例えば、電話番号の種類が増える度に列を追加する必要はありません。

複数値

別の表の参照・逆参照、更に値の書き換えが可能

別の表を参照して、別の表から値を自動入力出来ます。

注文の表にて

別の表を参照して値の自動入力

ここまではエクセルでも VLOOKUP 関数で出来ますが、Fullfree では逆参照が可能です。どこから参照されているか参照元のデータを一覧表示します。

参照元のデータの表示

更に、別の表から参照してきた値は手修正出来ます。(エクセルで同じ事をしようとしたら、値ではなく VLOOKUP 関数を使った計算式が書き換わります)

参照してきた値の変更が可能

エクセルの計算式は「参照」です。値自体がコピーされている分けではありません。Fullfree の場合は、「参照」と「コピー」どちらも可能です。どちらにするかは列ごとに定義できます。

複数ユーザーでの利用に強い

複数ユーザーで同時に利用すると「エクセルデータベース」との違いが一層際立ちます。

編集時の行ロック、不整合がない同時追加

あるユーザーが編集を開始すると行単位でロックが掛かります。すると、別のユーザーは編集禁止になり、閲覧だけが可能になります。

編集中のロックと追加行

また、追加行は各ユーザー毎に論理的に違う行です。複数人で同時に追加してもデータが不整合を起こすことはありません。正しく複数の行として追加されます。

ユーザー毎の権限設定

ユーザー毎にアクセス出来る対象を制限できます。例えば、マネージャーは金額の列が表示されるが、一般社員には表示されないとか、社員はデータの編集が出来るが、アルバイトは閲覧のみ、といった制御が可能です。

マネージャーの画面:「売上合計」列は表示

マネージャーでの表示

一般社員の画面:「売上合計」列は非表示

一般社員での表示

また、誰が何を行ったか操作履歴も残せます。

編集を行う毎に自動バックアップ

ユーザーが編集を行う毎に自動でバックアップすることが出来ます。編集毎のバックアップなので、バックアップの差分はユーザーの更新内容となります。そこで、差分を一覧にして、更新履歴として表示出来ます。

各バックアップの差分は更新履歴として表示可能(検索機能付き)

編集履歴

更に、過去の状態にデータベースをリストア出来るだけではなく、過去のデータベースをダウンロードしてスタンドアロンで動かせます。(上位版の Fullfree PRO の場合)

エクセルと相乗効果

エクセルと一緒に使うと Fullfree の効果が一段と高まります。表計算ならエクセル、データベースなら Fullfree を使って下さい。

エクセル互換の計算式

計算式はエクセルと互換性があります。エクセルの関数約100個をサポートし、エクセルの知識が活かせます。

顧客毎の売上合計:SUM 関数で計算

顧客毎の売上合計

エクセルをテンプレートに連続差し込み印刷

Excel ファイルをテンプレートとして、Fullfree のデータを流し込み、印刷出来ます。印刷時はエクセル不要で複数データの連続印刷が可能です。

エクセルをテンプレートに連続差し込み印刷

つまり、エクセルで作成した請求書や納品書などが Fullfree で扱えます。

電話と連動出来る

電話着信があると、電話番号で検索して対応する情報をポップアップ表示出来ます。電話を取る前に顧客情報が分かります。

「090-1234-0001」から電話があった場合

着信ポップアップ

Fullfree は電話とPCを連動出来る顧客管理ソフトでもあります。

無料

Fullfree は無料です。ダウンロードして自由にお使い下さい。

PAGETOP