すべての項目を自由にカスタマイズ 顧客管理 データベース Fullfree(フルフリー)

基本操作

表示

表示形式にはエクセルのような表形式と1レコード1画面で表示するカード形式があります。

表形式

表形式

左のテーブル一覧で選択したテーブルが右側に表形式で表示されます。階層構造のあるテーブルでは、各行に展開マークマークが表示され、クリックすると子行が展開されます。

各行のセレクターマークにマウスを当てるとポップアップが表示され、カードアイコンをクリックするとカード形式で開きます。また、セレクターマークをダブルクリックでもカード形式で開きます。

カード形式

カード形式

項目名の右側にあるカードアイコンをクリックすると参照先のデータをカード形式で開きます。参照先が設定されていない場合は新規追加となります。

カードの下側には階層構造の子行のデータや、このデータを参照している別のテーブルのデータが表示されます。

レイアウト変更

タブを操作してレイアウト変更が可能です。タブをドラッグすると分離し、更にドッキングできます。同じテーブルを複数のタブに表示出来るので、検索条件を変えて並べて比較といったことが可能です。タブの右側にある + ボタンをクリックすると新しいタブが追加されます。

表形式のタブ操作

カード形式でも同じようにタブを分離・ドッキングできます。タブのサイズを変更するには境界部分をドラッグして下さい。項目の表示列数は表示幅により変化します(下記の例は3列)。ウィンドウの幅を広げると表示列数が増えるので、項目数が多い場合はスクロールなしで表示出来る項目数が増えます。

カードレイアウト1

また、タブはウィンドウの上下左右どの方向にもドッキング可能です。下記は上側と右側にドッキングした例です。

カードレイアウト2

編集

データの追加

追加アイコンをクリックするとカード形式で新規データを追加できます。また、表の最終行に直接入力することでもデータを追加できます。

データの追加

データの更新

データはレコード単位で更新されます。表形式では行毎(ただし、子行がある場合は子行も含む)、カード形式ではウィンドウ毎です。

表形式の編集

編集中の行は、編集中アイコンが表示され、表形式ではカーソルを他の行に移動すると修正内容が確定します。また、複数値セルの2番目以降のデータを編集するには [・・・] ボタンを押して下さい。

カード形式の編集

カード形式では編集すると編集中のテーブル名が左下に表示され、[確定] ボタンを押すと編集内容が確定します。

編集モード

表形式でデータの追加や変更を開始すると編集モードに移行します。編集モードでは表の左上の編集アイコンが押された状態になり、下記の動作になります。

レコードの並びが固定化

データを追加・変更してもソート(並び替え)やフィルター(検索)は反映されません。そのため、確定してもレコードは同じ位置を保ちます。また、データ共有機能で他のパソコンで追加したデータは反映されません。そのため、編集中に突然別のレコードが割り込んでくることはありません。

最終レコードより下へスクロールが可能

最後の追加行を画面の上の方までスクロール出来るので、まとめて沢山のデータを追加する時に見やすくなります。

編集モード

左上の編集アイコンを押して、ボタンが上がった状態に戻すと、ソートやフィルターが適用され、他のパソコンで追加したレコードが表示されます。

もし、編集が未確定のレコードがあった場合は確定するか破棄するか選択出来るので、誤って変更した場合は、このアイコンをクリックして変更を破棄して下さい。変更前のデータに戻ります。

データの削除

各行のセレクターマークにマウスを当てると表示されるポップアップの削除アイコンをクリックすると指定のレコードが削除されます。また、セレクターマークをドラッグすることで複数行が選択され、まとめて削除することも可能です。

レコード削除

ドラッグ&ドロップ

エクスプローラーからファイルをテキスト型のセルにドロップするとファイルのパスが入力されます。

ファイルのドロップ

ブラウザからURLをテキスト型のセルにドロップするとURLが入力されます。

URLのドロップ

レコード選択

データ型が「テーブルリンク」のフィールドではリンク先のレコードが選択できます。セルにはドロップダウンボタンが付いているのでクリックして下さい。

レコード選択1

表示された一覧からレコードを選択して下さい。もし、レコードの数が多い場合は、検索で絞り込むと便利です。検索エリアが表示されていない場合は、マウスをポップアップの上の縁に当てると開閉ボタンが表示されるので、それをクリックして下さい。

レコード選択2

検索の方法はこちらを参照して下さい。

エラー報告

不具合(バグ)や不自然な動作が見つかった場合は、早く問題が解決できるように弊社に報告をお願いします。

[ヘルプ]-[エラー報告] メニューからエラーの送信ダイアログを開き、操作内容と現象を出来るだけ詳しく記入して下さい。記入したら [送信] ボタンを押してください。

PAGETOP
Copyright © FreeStyle All Rights Reserved.