すべての項目を自由にカスタマイズ 顧客管理 データベース Fullfree(フルフリー)

バックアップ

特徴

データ共有機能でデータベースを共有スペースに保存すると、編集操作を行う毎に自動で差分バックアップが取られます。Fullfree のバックアップはとても強力で下記の特徴があります。

  • 編集操作単位で自動でバックアップ
  • 物理的に離れた場所でのバックアップ (共有スペースは関東、バックアップは関西、マイクロソフト社が管理)
  • 無料で20個、有料では30,000個のバックアップ
  • バックアップ内容は一覧表示と検索が可能
  • 過去のデータベースをダウンロードして、スタンドアロンで利用可能 (Fullfree PRO)

このような特徴があるため、データの更新履歴の役割も果たします。調べたいレコードを検索で絞り込むと、そのレコードをいつどのパソコンからどう変更したかなどが分かります。

また、Fullfree PRO の場合は、過去のデータベースをダウンロードして実際に動かすことが出来るため、実際に値を入力して過去の計算式ではどのような結果になるのか試すことも可能です。

「今後30年以内の南海トラフ地震の発生確率は80%」と言われています。物理的に離れた場所でのバックアップでデータを強力に守ることが出来ます。3大クラウドである Microsoft Azure でバックアップされています。

3大クラウドとは

世界的にシェアの高い、マイクロソフト社 Microsoft Azure、グーグル社 Google Cloud Platform (GCP)、アマゾン社 Amazon Web Services (AWS) は3大クラウドと呼ばれています。

自動バックアップの有効化 (Ver.4.0.0未満のみ)

Ver.4.0.0 未満で作成したデータベースは、デフォルトでは自動バックアップが有効になっていません。最初に更新履歴の参照を行った時に自動バックアップを有効にするかの確認がありますので、 [自動バックアップを有効化] を押すことで有効にすることができます。

自動バックアップを有効化

Ver.4.0.0 以上で作成したデータベースは、デフォルトで自動バックアップが有効になっています。自動バックアップを無効にする機能はありません。

更新履歴の参照

更新履歴を参照するには、[表示]-[更新履歴] メニューを選択するか、データ表示画面内の更新履歴アイコンアイコンを押してください。

表示形式からの更新履歴表示

カード形式からの更新履歴表示

更新履歴は上から古い順に、更新日時、操作を行ったPC名、操作の種類(追加、更新、削除、先頭)、操作対象(テーブル、レコード、値リスト、設定)が表示されます。「対象」の末尾に表示されるデータは操作を行った時点のデータではなく、現時点のデータが表示されます。

バックアップされる更新履歴数は無料スペースで 20、有料スペースで 30,000 です。それ以上古い履歴は一番上の「先頭」にまとめられます。「先頭」の左にあるアイコンを押すことで、「先頭」にまとめられている操作を展開表示することができます。

更新履歴の表示は画面中央のフィルタを掛けることで絞ることができます。下の図では「テーブル」を「コース」に絞った状態になっています。フィルタは、更新日時、PC名、操作、テーブル、レコード、値リスト、設定に対して掛けることができます。フィルタを掛けた状態だと、表示されるバックアップ数が規定(20もしくは30,000)より少なく見える場合がありますが、フィルタを解除すれば全更新履歴を表示することができます。

更新履歴表示

[詳細表示]を押した上で操作を選択すると、その操作で更新した内容の詳細表示を行うことができます。

更新履歴の詳細表示

指定時点へのデータリストア

更新履歴の指定時点にデータベースの状態を戻すには、戻したい時点の操作を選択した状態で[DBリストア]を押します。

更新履歴リストア前

データのリストを行うと元の状態には戻せないので、本当にリストアしてもいいかの確認ダイアログが表示されます。問題なければ[OK]を押します。

DBリストア確認

データのリストアが完了すると Fullfree の再起動が必要になるので、[OK]を押して再起動します。

DBリストア再起動

リストアが完了すると以下の更新履歴のように、選択した操作より後の更新履歴がなくなり、データベースもこの時点の状態に戻ります。

更新履歴リストア後

指定時点のデータベースのダウンロード

更新履歴の指定時点のデータベースをダウンロードするには、ダウンロードしたい時点の操作を選択した状態で[DBダウンロード]を押します。この機能は Fullfree PRO でのみ有効です。

下の図では、「テーブル:コース / レコード<2>:B」の追加が行われた時点のデータベースのダウンロードを行うことになります。

DBダウンロード

「ダウンロードするファイルの指定」のダイアログが表示されますので、ダウンロードするデータベースのファイルパスを入力します。

ダウンロードが完了するとダウンロードしたデータベースを開くかの確認ダイアログが表示されるので、開く場合は[はい]を押してください。

ダウンロード完了

PAGETOP
Copyright © FreeStyle All Rights Reserved.