顧客管理 データベース Fullfree(フルフリー)

フィールド操作

フィールド操作メニュー

表形式では、各フィールド名にマウスを移動するとメニューアイコンが表示されて、クリックすると各フィールドを操作するメニューが表示されます。または、フィールド名を右クリックでも同様です。

フィールド操作メニュー

レコードの並び替え(ソート)

フィールド操作メニューから [昇順] または [降順] を選択すると、指定のフィールドの値でレコードを並び替えます。並び替えを解除するには再度同じメニューを選択して下さい。

尚、フィールド名をクリックすることでも並び替えが実行されます。再度クリックすると昇順と降順が切り替わります。

複数フィールドでの並び替え

例えば、「部署」と「課」というフィールドがあり、「部署」でまず並び替え、更に「課」で並び替えたい場合は、複数フィールドで並び替えを行って下さい。この場合、「部署」→「課」の順で [昇順] または [降順] のメニューを選択して下さい。

フィールド名クリックで操作する場合は、CTRL+クリックすると以前の並び替えをクリアせずに複数フィールドでの並び替えになります。

複数フィールドでの並び替えを行うと、並び替えに指定したフィールドすべてにソートマークが付きます。

例)「分類」の昇順 →「着信回数」の降順で並び変えた場合

複数フィールドでの並び替え

あいうえお順(読み仮名順)

漢字の読み仮名順にするにはフリガナのデータが必要です。「フリガナ」のフィールドを追加して、自動入力(計算/参照)にてフリガナを自動入力して下さい。計算式は PHONETIC 関数を使って、

PHONETIC([名前])

のようになります。実際の例は、デモデータの「顧客管理」の顧客テーブルが参考になります。

フリガナの自動入力

自動入力されたフリガナが間違っている場合は手修正して下さい。フリガナのフィールドを並び替えることであいうえお順に出来ます。

検索・集計

フィールド操作メニューからも検索集計が可能です。フィールド操作メニューから行うと、検索条件や集計の種類が同時に指定出来ます。

フィールド操作メニューの検索

各使い方の詳細は、検索集計をご覧下さい。

列固定・列非表示

フィールド操作メニューから「フィールド固定」や「フィールド表示」を選ぶと、指定の列を固定化したり非表示にしたり出来ます。フィールド数が多い場合は、お気に入り画面保存と組み合わせて使うと、スクロールではなく表示列の切り替えで表示内容を切り替える事が出来ます。

フィールド固定

非表示にした列を表示するには、表形式右上のメニューメニューの「表示フィールド」から表示したいフィールドを選択して下さい。

表示フィールド

フィールドの並び替え

フィールドの表示順はテーブル定義で定義した順ですが、ドラッグ&ドロップでタブ毎に個別に並び替えることが出来ます。

フィールド並び替え

お気に入り画面保存にて、フィールド表示順を標準画面として保存すると、テーブル定義とは無関係にフィールド表示順を固定化出来ます。この場合、テーブル定義で追加したフィールドは非表示として扱われます。

表示幅の調整

フィールドの表示幅を調整するには、フィールド名の間の線をドラッグして下さい。

フィールド幅調整

もし、元の幅に戻したくなったら、テーブル表示の右上のメニューアイコンから [フィールドの表示幅]-[初期サイズに戻す] を選択するとすべてのフィールドの表示幅が元に戻ります。

自動調整

フィールド名の間の線をダブルクリック、あるいは、フィールド操作メニューから [表示幅の自動調整] を選択すると自動調整モードになります。

自動調整モードでは、表示されている最大幅の値がちょうど入る程度にフィールド幅が調整されます。長い内容を入力するとフィールド幅も自動的に広がります。自動調整モードを解除するには、再度 [表示幅の自動調整] メニューを選択して下さい。

すべてのフィールドを自動調整モードに設定したい場合は、テーブル表示の右上のメニューアイコンから [フィールドの表示幅]-[自動調整モードに設定] を選択して下さい。

 

PAGETOP
Copyright © FreeStyle All Rights Reserved.