すべての項目を自由にカスタマイズ 顧客管理 データベース Fullfree(フルフリー)

CTIカスタム通知設定

CTI連携

Fullfree は他のシステムでCTIを使うための連携機能を持っています。Fullfree の顧客管理は一切利用せずに、他システムにCTIの機能だけを付加するといったことも可能です。着信電話番号の通知方法は下記の種類があります。

例えば、WebシステムやAccessで作成された顧客管理システムをお持ちの場合は、わずかな修正でCTI対応が可能です。CTI機器の検出・設定・接続など面倒な処理は Fullfree が行います。

また、Webシステムを変更出来ないような場合でも、顧客毎にURLが違うなら対応するための機能を持っています。

更に、1台のパソコンで受けた着信通知をクラウドを使って最大50台のパソコンに通知することも可能です。受付が複数人のシステムにも対応出来ます。

設定方法

[CTI]-[CTI設定] メニューから設定画面を開き、カスタム通知タブで設定します。

カスタム通知設定

電話番号による通知条件

他システムへ着信電話番号を通知する条件を指定します。

  • 通知:電話番号通知の場合に他システムへ通知します。
    • 常に:電話番号通知の場合は常に他システムへ通知します。
    • 検索で見つかった時:電話番号で Fullfree のテーブルを検索し、見つかった場合のみ他システムへ通知します。
    • 検索で見つからなかった時:電話番号で Fullfree のテーブルを検索し、見つからなかった場合のみ他システムへ通知します。
  • 非通知:電話番号非通知(公衆電話も含む)の場合に他システムへ通知します。

非通知の場合は電話番号として渡す文字列を「表示電話番号」で指定して下さい。初期値は「anonymous」です。

Fullfreeの着信ポップアップ

Fullfree の着信ポップアップを開くかどうかを指定します。着信画面をすべて他システムで管理する場合は、Fullfree の着信ポップアップは開かないようにすることも出来ます。

  • 常に開く:Fullfree の着信ポップアップを常に開きます。
  • カスタム通知する場合は開く:上記通知条件に一致する場合のみ開きます。
  • カスタム通知しない場合は開く:上記通知条件に一致しない場合のみ開きます。
  • 開かない(カスタム通知のみ):条件によらず一切開きません。

通知方法

他システムに電話番号を通知する方法を指定します。通知内容には電話番号や過去の着信回数を表す変数が使えます。

  • なし:下記の方法での通知を行いません。
  • クリップボードにコピー
    • 内容:クリップボードにコピーする内容です。
  • ファイルに書き出し
    • パス:書き出すファイルのパスです。変数を使ってファイルを毎回変えることも出来ます。
    • 内容:ファイルに書き出す内容です。
  • ブラウザで開く
    • URL:ブラウザで開くURLです。
  • プログラムを実行
    • パス:実行するプログラムのパスです。
    • パラメータ:起動パラメータです。

VBA, VB, C#など、プログラミング言語で取得する場合はこの設定は無関係です。プログラミング言語での取得方法はこちらをご覧下さい。

通知内容変数

変数名 内容 使用条件
{Tel} 着信電話番号 (検索向け)
{TelFormed} ハイフン(-) 区切りの着信電話番号 (表示向け)
{Called} 電話着信の日時
{HistoryCount} 同じ着信電話番号での過去の着信回数 (今回が初回の場合は 0) 着信履歴の保存 (*1)
{LatestHistory} 同じ着信電話番号で最後に着信のあった日時 (今回が初回の場合は “0001/01/01 00:00:00”) 着信履歴の保存 (*1)
{DbName} 開いているデータベース名 (Fullfree を複数起動する場合の区別向け)
{SerialNo} 1から始まる Fullfree 起動からの連番 (ファイル出力時にパスを毎回変更向け)
{Field:フィールド名} 着信電話番号で検索した結果、見つかったレコードの指定フィールドのセル値 着信番号の検索設定 (*2)

(*1) {HistoryCount}, {LatestHistory} を使うには着信履歴を保存するためのテーブルを作成し、着信履歴設定が必要です。データベースを作成時、「着信履歴を保存する」をオンにしているとあらかじめ設定された状態でデータベースが作成されます。

(*2) {Field:フィールド名} の「フィールド名」にはテーブル定義で定義したフィールド名を指定してください。そして、対象のテーブルを着信番号の検索設定で設定する必要があります。

尚、{Field:フィールド名} を使うと他システムへの通知の動作が少し変わります。着信電話番号でテーブルを検索した結果、複数のレコードが見つかると複数回(または、複数行)通知されます。例えばブラウザを開くURLに使うと見つかったレコードの数だけブラウザが開きます。逆にレコードが見つからなかったら通知されません。

使い方例

例1:Webシステムにてシステムの変更が出来ない、かつ、顧客情報のURLには「顧客ID」を含んでいる場合

Webシステム側に電話番号を含んだURLにから顧客情報を検索する機能がない場合、下記の方法で対応出来ます。

  1. Webシステムにて顧客データをCSVで出力して下さい。その際、顧客IDと電話番号が含まれるようにして下さい。
  2. Fullfree のインポート機能で顧客データのCSVを読み込んで下さい。
  3. カスタム通知の通知方法を「ブラウザで開く」にして、URLに {Field:フィールド名} を使って下さい。

顧客毎のURLが http://www.test.jp/?id=XXXXX (XXXXX が顧客ID)だとすると、
指定は http://www.test.jp/?id={Field:顧客ID} になります。
テーブルには「顧客ID」というフィールドが必要です。

もし、同一電話番号で複数のレコードが見つかった場合は、見つかった数分だけブラウザが開きます。見つからなかった場合はブラウザは開かれません。

例2:複数ユーザーで利用するWebシステムをCTI対応したい場合

まず、1台のパソコンにてカスタム通知の設定を行って下さい。次にデータ共有機能にて、設定を保存しているデータベースを共有して下さい。

共有したデータベースを各パソコンで開くと、開いているパソコンに対して電話着信時には着信通知が届きます。つまり、電話着信があると各パソコンで自動的に顧客情報がブラウザで開きます。尚、CTI機器と接続するパソコンは1台のみで構いません。

PAGETOP
Copyright © FreeStyle All Rights Reserved.