すべての項目を自由にカスタマイズ 顧客管理 データベース Fullfree(フルフリー)

CTIシステム

1.CTIソフトとして出来ること

電話着信があるとポップアップを出して電話番号、前回の着信からの期間、顧客名などを表示出来ます。更に、そのポップアップから顧客情報を開いたり、予約や注文などが行えます。

実際にどんな動きをするかは、CTI機器をお持ちでなくてもシミュレーション可能です。[管理] → [CTIシステムの有効化] がオンになっていることを確認し、[CTI] → [CTIテスト] を実行してください。

CTIテスト

CTIシミュレーション画面が出ますので、電話番号を入力して [通知] を押すか [非通知] を押すと実際の着信動作がテスト出来ます。

CTIポップアップ

着信があるとポップアップが表示され、それぞれの項目がボタンになっていますので、クリックすると対応する動作をします。表示項目はすべてカスタマイズ可能です。

尚、電話番号の検索対象テーブルは複数指定可能です。顧客名以外に社員名なども検索出来ます。また、予約・注文などの操作はテーブルとひも付いていますので、テーブルを追加することで操作ボタンも自由にカスタマイズ出来ます。

CTIソフトとしては珍しく、高いカスタマイズ性があります。あらゆる業界の幅広い用途に対応出来ます。更に、データ共有機能を使えば複数のパソコンに同時に着信ポップアップを表示することも可能です。

もし、既に他のシステムで顧客管理されている場合は、他のシステムでCTIを使うためのCTI連携の機能もあります。

2.CTI機器の接続

まず、電話機に着信相手の電話番号が表示される状態になっている必要があります。 ナンバーディスプレイ契約など、お済みでない場合はご契約下さい。

接続方法は回線の種類によって異なります。下記のリンクからご利用の電話回線に応じたリンクを参照して下さい。

複数の機器を使って複数回線の着信を扱うことも可能です。尚、ひかり電話やISDNの場合は一つの機器で複数回線に対応しています。

3.設定

Fullfree 側の設定は、接続設定とポップアップ設定があります。データベースの作成時、設定済みのテーブルを利用していればポップアップ設定はデフォルトの設定がされています。その場合でも接続設定は必要です。下記を参照して行って下さい。

他システムとCTI連携する場合は、カスタム通知設定を行って下さい。

4.使い方

設定が終わったら [CTI] → [接続] メニューからCTI機器との接続を行って下さい。接続出来ると右下のアイコンが切断状態から接続中の状態に変化します。

切断:未設定、または、切断
接続中:接続中

尚、上記のアイコンを右クリック → CTI接続 でも接続できます。

電話着信があると、ポップアップ設定 の内容に応じて着信ポップアップが表示されます。着信ポップアップのアイコンは、着信の内容に応じて下記の3タイプがあります。

新規客 新規客(未登録の電話番号からの着信)

リピーター リピーター(登録済みの電話番号からの着信)

非通知 非通知(電話番号が非通知)

着信ポップアップを一時的に止めるには、[CTI]-[着信ポップアップ停止] を選択して下さい。もう一度選択すると解除されます。停止中は画面右下に下記のアイコンが表示されます。このアイコンをクリックしても停止が解除されます。

着信ポップアップ停止中:着信ポップアップ停止中

尚、着信ポップアップ停止中でも着信履歴は残ります。

データ共有機能を利用時

データ共有機能を使うと、1台のパソコンで受けた着信通知がクラウドを介してデータ共有しているすべてのパソコンに届きます。つまり、すべてのパソコンで着信ポップアップが表示されるようになります。

更に、着信ポップアップには手のアイコンが表示されるようになります。このアイコンの動作は応対中モードの利用有無で変わります。応対中モードは、[CTI]-[応対中モードの利用] メニューで切り替え可能です。

応対中モードを利用する場合(初期値)

応対中モード有効

応対中は画面右下にも応対中のアイコンが表示されます。このアイコンのクリックでも応対中が解除され、新たな着信ポップアップを受け付けるようになります。

応対中モードを利用しない場合

応対中モード無効

PAGETOP
Copyright © FreeStyle All Rights Reserved.