すべての項目を自由にカスタマイズ 顧客管理 データベース Fullfree(フルフリー)
ひかり電話の場合

1.ひかり電話ルーターのCTI機能

NTT社のひかり電話の場合は、提供されるルーターに CTIシステム用の機能があるためCTIアダプタなしで Fullfree と接続出来ます。

CTI連携により Fullfree 以外のシステムでCTIを使うことも無料で簡単に実現できます。クラウドを使って複数台のパソコンで連携することも可能です。

機器の接続方法は、パソコンとひかり電話ルーターを、LANケーブルかWi-Fiで接続するだけです。ただし、注意点があります。

接続時の注意点

ひかり電話ルーターとの接続は、間に他のルータを挟まずにLANケーブルで直結して下さい。ハブなら間に挟んでも構いません。Wi-Fiの場合はひかり電話ルーターをアクセスポイントとして下さい。

どうしても他のルーターを間に挟みたい、あるいは、他のルーターをアクセスポイントととしたい場合は、間のルーターをブリッジモードで動作させて下さい。ほとんどのルーターには「ブリッジモード」という動作モードがあります。詳細は各ルーターのマニュアルをご覧下さい。

また、セキュリティ対策ソフトなどで Fullfree の通信をブロックしないようにしてして下さい。着信通知はWebやメールの通信とは異なるため、例えば Windowsファイヤウォールをお使いの場合は、通信を許可するアプリに Fullfree を設定しておいた方が無難です。

「しばらくすると着信ポップアップが表示されなくなる」「今までは表示されていたのに、ある日突然着信ポップアップが表示されなくなった」など、通信がブロックされて、今までに多数のお問い合わせを頂いています。

うまくいかない場合は、「家庭用電話機を利用の場合」と同じにして下さい。

電話機をルーターに直接はつないでいない場合(ビジネスフォンなど)

利用する電話機が3台以上であっても「同時に」通話出来るのは2人まででよければ、NTTひかり電話で対応出来ます。ひかり電話オフィスタイプを契約する必要はありません。ビジネスフォンを導入すると3台以上の電話機が使えるようになります。

ビジネスフォン主装置を間に挟み、電話機をひかり電話ルーターに直接つながない利用形態であっても、ひかり電話ルーターとパソコンをLAN接続するだけで Fullfree は使えます。

ただし、注意点があります。以下で説明の「内線設定」における内線番号が他の接続機器(例:ビジネスフォン主装置)と競合しないように設定して下さい。つまり、Fullfree で利用する内線番号とビジネスフォン主装置で利用する内線番号は別々になるようにして下さい。

もし、Fullfree の接続は成功するものの着信ポップアップが出ないことがある場合は、内線番号の競合が考えられます。Fullfree で利用する内線番号を変更してみて下さい。

接続条件

接続条件は下記2点を確認して下さい。ルーターの型番は PR-、RV-、RT- で始まります。(例:PR-500KI)

  • ルーターの「ひかり電話」ランプが緑に点灯していること
  • ルーターにログインして下記で説明の「内線設定」の画面が表示されること

市販の一般的なルーターには機能はありません。また、NTTひかり電話ルーターを中古などで入手してネット接続しても「ひかり電話」ランプは点灯しません。

ひかり電話オフィスタイプのルーターについて (OG410Xa など)

ひかり電話オフィスタイプ(オフィスAも含む)で利用される標準ルーター(OGシリーズ)は、ルーター側の設定が出来ないようになっているため、本説明の方法では利用出来ません。ビジネスフォンでの利用方法はこちらをご覧下さい。

2.ひかり電話ルーターの内線設定 (SIP接続設定)

Fullfree がひかり電話ルーターに接続出来るように下記の設定を行って下さい。

  1. ひかり電話ルーターにブラウザからログインする
    (デフォルトでは http://192.168.1.1/ です)
  2. 「電話設定」→「内線設定」を開く
  3. 内線番号3~7の「利用有無」を二つ以上(自動検出しないなら一つ以上)オンにする(下図参照)

SIP設定

ルーター側の設定が終わったら、引き続きFullfree 側の設定を行ってください。

複数電話番号の使い分け

ひかり電話では最大5種類の電話番号が使えます。その内どの番号を Fullfree で扱うかを上記内線設定の「編集」から変更可能です。

一旦、全部 Fullfree で受けてFullfree で使い分けすることも出来ます。詳細は「複数の電話番号の使い分け」をご覧下さい。1台の電話機で複数の番号を受けて、Fullfree を使ってどの番号に掛かってきた電話かを着信ポップアップで区別するといった使い方も出来ます。

複数の電話番号の使い分け例

電話番号の使い分け

電話番号は名前を付けて管理出来ます。電話番号毎にポップアップの色も変更出来ます。

PAGETOP
Copyright © FreeStyle All Rights Reserved.