すべての項目を自由にカスタマイズ 顧客管理 データベース Fullfree(フルフリー)

最初に行うこと(データベースの作成)

  • HOME »
  • »
  • 最初に行うこと(データベースの作成)

その前に...

Fullfree を使うためにまず最初に行うことはデータベースの作成です。が、その前に、Fullfree がどんなソフトか、どう役に立ちそうかデモデータで確認してみて下さい。

デモ一覧

デモデータの一覧からボタンを押すだけでデモのセットアップが終わり、データの編集やカード形式での表示、検索やCTIシステムの動作など一通りのことがすぐ試せます。

表計算ソフトでデータを抽出するのとは違い、顧客に結びついているすべての情報(案件、注文、予約…)を使ってデータの抽出が可能です。

データベースの作成

まず、最初にデータを保存するデータベースの作成を行ってください。[ファイル] → [新規作成…] でデータベースの作成ダイアログを開きます。

データベースの作成

  1. 保存場所
    データベースを保存する場所を指定します。尚、データベースは複数作成出来ます。寿司屋用、焼き肉屋用、中華店用などと切り替えて使うことも可能です。
    ※ドキュメントフォルダ以外に保存するには、詳細ボタンボタンを使わずにフォルダのパスを直接手入力して下さい。
  2. 利用する機能
    CTIシステムを利用する場合はチェックしてください。
  3. テーブルの内容
    管理するデータを選択します。不要なものはチェックを外し、必要なものはチェックを付けてください。ここにないものは後から追加できます。既存の設定を使わずにゼロからテーブルを作成したい場合は、「すべて自分でテーブルを設定する」を選択して下さい。

すべてカスタマイズ出来るので、顧客情報以外も管理出来ます。ただ、顧客情報の管理では設定済みのテーブルを元に修正した方が簡単です。

作成したデータベースはパソコン1台(スタンドアロン)で使うことも、複数台で共有・同時編集することも可能です。

作成の後は

データベースを作成したら、テーブル定義で自由に内容をカスタマイズ出来ます。Fullfree は同時に複数起動出来ますので、デモデータも起動し、隣にならべて見比べながら設定するのがお勧めです。

データベース作成後

尚、テーブルはテーブル管理で自由に追加・削除出来ます。テーブル間の関連づけは、テーブル定義で行います。

PAGETOP
Copyright © FreeStyle All Rights Reserved.