すべての項目を自由にカスタマイズ 顧客管理 データベース Fullfree(フルフリー)

CTI接続機器の設定

A.自動検出で設定する方法

[CTI] → [CTI設定] メニューから設定画面を開き、[自動検出] ボタンを押して下さい。成功すると、例えば下記のようにパソコンに接続しているCTI機器をすべて検出して、設定は完了します。

ただし、アロハND5,ND6の場合は、電話機種別(接続する電話機がナンバーディスプレイ対応かどうか)も指定してください。アロハND5,ND6に電話機を接続しない場合は「ナンバーディスプレイ非対応電話機」を選んで下さい。

CTI接続機器設定

設定したCTI機器を使うには [接続] ボタンを押して下さい。

尚、「起動時に自動的に接続する」をオンにしておくと、このデータベースを開いただけで自動的に接続されます。常駐機能と組み合わせて使うと、パソコンを起動しただけで電話着信の待ち受け状態になり便利です。

B.手動で設定する方法

自動検出に失敗する場合や自動検出が出来ない場合は手動で設定することが出来ます。[+] ボタンを押すとCTI機器の一覧が出ますので接続したい機器を選択してください。

接続機器一覧

a) アロハUSB/ND3~6、携帯電話、INSメイトV30Slim の場合

デバイスマネージャーの「ポート」または「モデム」から対応するCTI機器の項目を探し、項目の右に出ている「COM数字」をポートに設定して下さい。

COM設定

アロハND5/6の場合は更に、接続する電話機の種類がナンバーディスプレイ対応か非対応かの設定があります。一度設定して接続するとアロハに憶えるので、次回からは「指定なし」にしておいても構いません。若干接続が速くなります。尚、電話機を接続せずに使う場合は「ナンバーディスプレイ非対応電話機」を選択して下さい。

b) ひかり電話ルーターの場合

ルーターIPはひかり電話ルーターのIPアドレスです。それ以外の項目はひかり電話ルーターの「電話設定」→「内線設定」にて、接続したい内線番号の「編集」リンクをクリックしたページの各項目に対応しています。

ひかり電話ルーター設定

c) SIP対応機器の場合

例えば、SIP対応のビジネスフォン主装置など、SIPサーバーの機能を有する機器もご利用頂けます。その場合は「SIP汎用」を選択してください。そして、SIPサーバーに接続するための情報を入力して下さい。

SIP汎用設定

尚、「SIP汎用」は自動検出による設定は出来ません。また、すべてのSIP対応機器の接続をサポートしているわけではありません。

PAGETOP
Copyright © FreeStyle All Rights Reserved.